Wireless Pairing

WL-800JPのペアリングが必要な場合

ワイヤレス接続の方法について 初めてご使用される場合

 

ピックアップ本体MainPowerスイッチを右に動かしONにします。その後受信機の電源を入れてください。本体送信機と受信機の電源が入り有効状態になりますと、本体と受信機の緑のLinkランプが点灯します。通常はこれでペアリングされてすぐに使用可能です。

 

本体と受信機のLinkランプが消えていて音が出ないという場合

 

送信機と受信機のペアリングが切れている可能性があります。以下の方法でペアリング設定を行ってください。

※通常この作業は必要ありません。

 

「ペアリング手順」

1、本体(A),受信機(B)共に電源をオフにします

2、先に本体(A)のMain PowerをONにしてStandbyを2秒長押しし、緑のランプを消灯させます

3、本体(A)のCatch ボタンを押しながら、同時にStandbyを押し、緑のランプが点滅したら手を放します

4、受信機(B)の電源を入れると、緑のランプが同期して3回点滅して消灯します

5、本体(A)のCatchを押し、両方の緑のランプが常灯するとペアリング完了です

 

「WL-800JPの複数機同時使用について」

1 海外で販売されているSKYSONIC FS-1と日本で販売されているWL-800JPは外観は似ておりますが、WL-800JPは日本の電波法に準拠しており、更に音質、性能を向上させた別の製品となります。

 

※SKYSONIC FS-1には複数台同時使用の記載がございますが、WL-800JPでは音質を重視しているため推奨しておりません。

 

2 近くで別のワイヤレス機器が使用されている場合、干渉しない周波数を以下のように選択してご使用ください。

ペアリングされている状態からCatch④を押すと、Spec内のCatchチャンネル表の範囲内でペアリング周波数が自動で移行します。 ペアリング周波数を移動する事で別のワイヤレス機種が近くで使用されている場合でも、混信を回避して使用する事が出来ます。

本機を充電する際や、電波を送信しない時は必ずMain PowerをOFFにしてください

Copyright (c) SKYSONIC JAPAN All Rights Reserved.

  • Facebook Social Icon
  • YouTube